日本のものづくりを応援するサイト

福岡県八女市 下川織物 緻密で美しい模様の久留米絣

福岡県八女市 下川織物

絣(かすり)は、先染めの糸を使って模様を織り上げる織物の技法の一つである。
海外ではIKAT(アイカット)と呼ばれ、世界各地で個性的な柄が織られている。
その中でも緻密な柄で知られているのが、福岡県の久留米絣(くるめがすり)である。
日本で一般的な先染めの綿織物が、無地や縞柄であるのに対し、同じ素材で作られる久留米絣は、様々な柄が特徴である。

今回その久留米絣を作る織元、下川織物を訪問した。
お話しを伺ったのは下川織物の三代目、下川強蔵さんである。

下川織物の設立は昭和23年。
福岡県八女市にある下川織物の建物の中では20台の織機がリズム良く動いている。
豊田織機の流れをくむ60~70年前の機械だ。
各織機は織る柄が決められており、それぞれ特別な改良が施されている。
使われている糸は、予め図面をもとに先染めされている。

実はこの糸を染める工程が、特に手間と神経を使う。
その久留米絣の糸を染める際の技法が、“くくり”といわれる糸を縛るものである。
括る場所は、全て図面をもとに決められる。
括られた部分には染料が入らず、染まらない。
こうして出来上がった糸で縦糸や横糸に組み合わせ、微妙な色合を表現する。
久留米絣は、この技術によって常に新しい柄を生み出すことができる。

福岡県八女市 下川織物

「伝統工芸の新しい形」

下川織物が設立された当時、久留米一帯には数百にも及ぶ織元があったという。
しかし、現在ではその数は大きく減少し、残っている織元でさえも、その多くが後継者不足に直面している。
こうした状況は、久留米絣だけに限らず、家族経営を基本としている多くの伝統工芸の現場が直面している問題である。

一方下川織物では、家族を含め11名の人々が働いている。

「うちは働いている人が一番です。従業員第一主義。働いてる人がここなら親子で働いても良いなとか思ってくれて、何らかの形で跡継ぎを作ってくれるような繋がりが出来れば、皆で支えあって100年でも続くだろうっていう考えです。」

家族だけに頼るのではないこの形を、強蔵さんは「家族的経営」と呼んでいる。

また一方で、下川織物には毎日のように見学者が訪れる。
最近は、海外からの訪問者も多い。
中には仕事を習うために訪れる人もいる。
こうした人々を下川織物は快く迎え、応援する。

福岡県八女市 下川織物

「うちの場合は絣しか作らないから、絣に寄り添ったことをする人を応援することを目指しているんです。」

特長的なのが、下川織物自体が展示会への参加といった直接表に出ることをせず、一方で積極的に企業やデザイナーへの協力を行っている点である。

「誰でもここに入って来れるようにすることで、色々な人達がどんどん来て、絣に関わる何かを始めようと思ってくれたら、それが必ずしもうちの生地じゃなくて他の織元さんのものであっても、結果的にそのことで業界の広がりが出来れば未来が繋がると思うんです。」

その言葉の通り、今では下川織物の絣は様々な場所で、業界を超え様々な商品に形を変えている。
強蔵さんは今、SNSによる情報発信に力を入れている。
職人目線で発信するSNSには、普段一般の人が目にすることのない生の現場が載っている。

彼が挑戦するこの新しいビジネスモデルは、伝統工芸が直面している課題に対する一つのモデルケースになるかもしれない。

下川織物ホームページへ
  >>下川織物ホームページへ